Diary

2009年07月のムン日記

・7月30日 ネクソン本気か

ついに大幅ヴァージョンアップ。
新MAP追加とともに
HP/MP上限変更、ダメージ上限変更(5000→7000)
銀行に200Mまで預けられるようになったのと
ターゲッティングシステム導入。
ターゲッティングシステムはマウス使わず戦闘ができるけど慣れないとしんどいな…(笑

 

・7月27日 あーしんど

何か色々疲れた。

とりあえず『冬の夢』をMP3Ver.でUPしました。
ピアノ曲はどんどん作りたいですね、
自分の曲をピアノ化していきたいですね。

 

・7月16日 黒に変更

アルトリープはずっと灰だったんだけど
ついに黒を味わうことにしました!
なんて殲滅力の高さ。
ステータスはそのままでスキルを変更したので
MRも高くヒールの威力は抜群。
自分に対する補助は出来なくなったけど
攻撃力の高さはありがたいものだねぇ。
氷系だからメテオじゃなくアイシクルレインだけど
放って放って迷惑かけまくってます。
画面全体に魔法が及ぶねぇ。敵が10体くらいいると氷の塊が振りまくる♪
画面全体だから横になってしまったりとかがあるけども
まあ用は使い分けです。良い場面で放てば文句は言われません。
黒テチが減ったせいか逆に面白いと思われてそうです。

シェレは随分落ち着いた。
Lv225。後30でカンストだけどここからが長いんだよね。
変なステータスだから高レベル狩場で狩れないし。
でも『RO』のシェレみたいにクリティカルを出すようになったので楽しい。
ゼリッピに対しては100%のクリティカル。
クアラルドは順調に物理と魔法を使い分け。

 

・7月13日 テチテチ

世の中は民主に流れていってますが。

いやぁ、久々に『Tales Weaver』を楽しめた。
『Tales Weaver』はさ、レベルが1〜255なんだよね。
だから公平を組むのって非常に難しい。
大体の人はソロ狩りになれててさ。
一緒に狩ろうとかあまりなくてさ。
『RO』であった文化が『TW』にはなくてさ。
話しかけるっていうの?話しかけても下品な人が多かったりとかさ。
とにかくソロでレアを目指す感じ。
でも最近特殊な流れがきている。
初心者が流れてきているのだ。
初心者はまだこの世界を余り知らない。
だからいる人いる人に話しかけたりとか友人を作ろうとするんだ。
私のキャラって3名とも結構特殊なステータスで
他の人から見ると面白いらしく、やたらと話しかけられたりするんだ。
そこからメッセ登録が増え、話し相手が増えていく。
今、不思議と楽しい。入ったら話し相手がいるからだ。
クラブとかを超えた友人が出来てくのがいい。
そして昨日は……
クアラルドがテチ4人を連れて狩りに…。
テチ4人に囲まれての狩りなんて…最高だぜ…。

 

・7月10日 無題

今日は松屋で晩御飯を済ませた。
夜なのに小学生が松屋で食している。
なぜか寂しくなった。
食べ終わった大人が何も言わず出て行く。
いつもの風景だ。
小学生が食べ終わって「ご馳走様でした!」と元気な声で出て行く。
なぜか癒された。

 

・7月08日 うーん

参ったな。『Windows Service for UNIX』に各サーバごとのユーザマッピングができないとは。
フリーで逃げるのが良くないのか。
誰か教えてくれーーー…。
様々なクライアントからWindowsサーバにバックアップするは厳しいか?
Solaris、AIX、HP-UX、Redhat、Windows…。
統一的にユーザの作成をしていたわけではないので
UIDやGIDがばらばら。ユーザ名もかぶるし…。
ただアクセスさせるだけならいいんだけど
バックアップを含めるのでパーミッションやオーナーを替えたくない…。
家で実験できないのが厳しいな。

 

・7月07日 七夕

曇ってるね。
七夕の日の雨を催涙雨っていうんだってね。
ああ、ロマンチックも何もない。

朝からうんとこサンバを聴くことになるし…。

 

・7月06日 もうね

なんか犯罪が多くなったなぁ。
普通の死に方を迎えることがあるのか不安になる(笑

 

・7月05日 マジで金なくなった

ぎゃーーーー
超節約生活。
生きていけないわ(笑

漫画本久しぶりに買うんじゃなかった;

 

・7月04日 エンドレスエイト

実はハルヒは敬遠している。
食わず嫌いなので一度見るとハマるんだろうけど
何か各所であーだこーだ騒いでるので見てみたくなった。

終わらないエンドレスエイト

『Tales Weaver』でキャラ名獲得者がいた。
聞いてみると原作が出た頃につけたらしい。アニメ化されるなんて予想しなかったまだ無名の頃だそうだ。
キャラ名獲得は案外そういうものなのかもしれないね。



 

・7月03日 サーバ構築

めっちゃ構築に時間がかかった。
ストレージに8玉のディスク。4玉ずつRAID5でくんでみた。
プライマリドメインコントローラサーバがセグメントの違うところにあると注意。
lmhostsに加えておかないとドメイン名を見つけきれない…。NetBIOSか…。悩み続けて二時間ロス。
SFUをインストール。UNIXからもWindows環境をつつけるようにしてみる。
NFSサービスが起動しない。111ポートをポートマッピングできないらしい。
111ポートを使ってるソフトをアンインストールしていく…。やっとNFS共有化できる…。
サーバ構築も大変ね。
次はSolarisとAIXとRedHatでオートマウントできるようにしなくちゃ。
AIXのディスクの構造も理解したいな。LUとかVGとかLVとかややこしくて…。
構築家になるならば恐ろしくあらゆる知識がいるね。
仮想化・冗長構成・ルーティング・NAT変換・メンテナンス・リソース調査。
後はやはりOracleだな。Oracleは私ぜんぜんわからんの。

 

・7月02日 雨続き

最近は会社から家まで歩いて帰っている。
運動不足なので散歩がてら一時間だ。
でも今週は雨ばかり。
雨は、憂鬱だ。

 

・7月01日 もう一度考えて

音楽サイト主として、やはり音楽に触れ続けていないとダメだわ!

学生の頃はね、曲を作るのがすごく楽しかった。
自分の思いを書き留めておきたかった。
何かひとつの力を得た気がしていた。
音に思いを乗せるって感動することだった。
1フレーズを作るたび、それは喜びで
音を重ねて重ねて行く度に嬉しさがこみ上げた。
そして完成させた時にそれを聴くことで
また喜びが訪れた。
曲を人に聴いてもらうことで
自分の存在意義を確かめていた。

いつの間にか、違う道に入った。いや、間違ってはいないのかもしれない。
クリエイターにとって誰もが通る道だと思う。
他人を感動させること、気に入ってもらえること
それが作曲の意義となっていた。
そのための編曲をしたり、そのための言葉を選んだり。
他人に認めてもらうことが作曲の動機が変わっていた。
間違っていることではない。
一般受けする技術とでもいおうか、そのスキルはアップするわけだし
何より大衆に受け入れられることが評価そのものであったりもする。
でも、違った。
今のあり方は作曲すること自体に楽しみを覚えていない。
一音一音を作る喜び、置いてきてしまった…。

初心に戻る。
不思議だけどそうなんだよね。
初心って何故大事なんだろうって思わせてくれるよね。
ミクちゃんには楽しく歌ってもらいたいし
一音一音の追求もしていきたい。
自曲を世に残しておきたいけど強引に作りすぎたかもしれない。
まだ時間があると信じて…。
ピアノVer.やストリングスVer.オルゴールVer,とかもしていきたいしね(笑
聴いてくれてる人には本当に感謝を。
あなたの時間を数分いただきました、ありがとうと。

冬の夢 管理人 ムン