Diary

2009年11月のムン日記

・11月28日 残業生活も悪くない

さすがに給料は良いほうでした。
いつもより15万円ほど自由にできそうです。
残業生活はお金が貯まる一方ですね。

・給料が多くなる
・家にいる時間が少ないので光熱費の使用量が減りまくる
・仕事疲れで食欲が減り食費も落ちる
・お金を使う時間がない

光熱費は驚きました。携帯代=光熱費(電気・ガス・水道)でした。
携帯は使わないほうです。万を超えたことはないはずです。
NotePCが2台ほど常時稼動してますがNotePCは安いですね。
あ、体重も4kg落ちてます。

 

・11月23日 生きて…ますよ?

『SNOW LOVE』は好評です。
ただ、ドラムがやはり弱いようです。ドラム改定してまたUPしなおしましょうかねぇ。
ミクが一番マッチした曲になったのではないかと思います。
私も毎日聴いていてそう思います。
良い曲になってよかった。
今年は『SNOW LOVE』でしめておきます。
良いモノとなるとどうしても次が駄作になってしまうのですよね。
クリエイターにとってつきまわる悩みの一つです。
『SNOW LOVE』は前の6曲で腕を少しずつあげてきたミクの調教が発揮された曲になってしまったので
次もさらにLvUPをと思いたいですが、今は『SNOW LOVE』の余韻に浸っておきます。
さすがにこの仕事をしつつ曲を作るのは相当しんどいです。
「鉄と想いは熱いうちに打て」のおかげで『SNOW LOVE』は完成しましたが
本当、作りたい思いが強い時に作るのが一番イイと思えました。

さて、皆さんが気になるのは仕事ですかね…。
私は生きています。
何故か私の立ち位置がどんどん変な扱いになっていってます。
お客さんに気に入られて私のチームの出勤日数が 増 え ま し た 。
私のチーム員、ごめんなさい。
気に入られてしまったので休みが少ないですね。本当ごめんなさい。
私の扱いが飛躍していっています。誰か止めてーΣ( ̄□ ̄|||)
私はテスターとして入ってテストリーダーになったのに
お客さんの目は私が開発者からリーダーになってると思っているらしく
割と出来る人間というレッテルがさらに貼られました。
おかしい、なんでこうなった\(^o^)/
チームLvみたいなのを割り振られてるのですが
何故か私より前にいた人や開発に加わっていた人よりも上に扱われてます。
みんな勘違いしすぎです。
普通の人より数字の記憶力が高い、ただそれだけと思います。
後、人を使うのと人に気に入られるのがうまいだけです。私自身のスキルは高くないはずです。

 

・11月15日 雪愛

UPしました。
私の力でMIDIとミクで出来る範囲はここまでですかね。
音が軽いのは仕方ないです。
長い曲になりました。7分あります。
ミクが今回はがんばってくれたと思います。
ミクで出せるぎりぎりのところがあります。
ギターソロが入るところではりあげてるミクのところが一応ぎりぎりかな?
ナキに入りやすい曲で各パートの感情面が溢れ出せたら…私の仕事は終わったものなんですけど。
よかったら覚えて欲しいし、歌って欲しいです。
副管理人は非常に気に入ってくれました。
さすがお互い雪が好きで好きな曲がかぶるだけある親友でもあります。

雪。
私の詞の中で雪は色々な役割を持ちました。
冬の夢プロジェクトが始まる前と後で扱いが明らかに違います。
冬の夢プロジェクト開始の曲『Ein Wintertraum』が私の作曲数でいうと31曲目の曲ですが
それより前の30曲の中で冬の曲は2曲しかありません。
雪は歌詞に登場しますが単なる情景を表すにとどまっています。
『Ein Wintertraum』後では20曲作曲しましたが冬の曲が5曲登場してます。
そしてそれぞれの曲で雪の扱いが変わりました。

『Ein Wintertraum』
雪は人の想いで降るのではない。人のために降っているではない。
ただとうとうと降り、周りの音を掻き消していく。
しかし、夢見人となった今この場所で…雪は降っていた。冬の夢へ誘(いざな)う様に。

『Still love you』
粉雪のように掴もうとしても消えてしまう貴方。
そして粉雪のように綺麗で真っ白な美しい夢を持って進んだ貴方。
貴方を粉雪のように思っていた。

『Pulverschnee』
粉雪、白くて何も穢れてなくて全てを包み込み全てを癒す存在。
私は汚れた。許してくれないか?雪のようになりたいんだ。
私は傷つけた。傷つけた人を癒してくれないか?もう、私が見守ることは出来ないから。

『Parting』
降り積もる雪もあれば、溶けていく雪もあるんだね。
人のしがらみは雪のようだ。
私たちは雪球のように和を作る。それは雪が1つ1つ集まることでできる。
でも溶けていく雪もある。去っていく人がいる。
私はひとつの雪球を作りたかった。
そのために人生を賭した。けれども溶けていく雪はあるんだね…。

『SNOW LOVE』
歌詞のとおり。
『SNOW LOVE』の歌詞の解釈はまた時期が来たら載せるかもしれません。
それまではご想像にお任せします(何

 

・11月12日 休みが休みでなくなった\(^o^)/

臨戦状態です。
休みが休みでなくなりました。
ホットスタンバイ状態です。
つまり、「休みとしているが呼ばれたらすぐ現場にいけるよう外に出かけたりするな」です。
拘束プレイがはじまりました。
まぁ私は基本インドア派でネットゲームか寝てるか曲を作るかなのでいいですけどね。
いや…、よくないか…orz

さて、『SNOW LOVE』
11月15日にHPにUPします。
今回は…全身全霊をかけた…は大げさですが
私の中で最高の曲になりました。
私のセンスを全てぶつけました。
歌詞もメロディも雰囲気に合うように通勤中に頭の中をずっとめぐらせてました。
自分で作っていてひとつ大事なことがあります。
そのメロディラインに泣けるか?です。
鼻歌で『SNOW LOVE』のメロディをつけていた時、涙腺に触れるようにつけました。
私は歌詞よりもメロディラインで涙することが多いです。
もちろんその泣ける部分に切ない歌詞がきたら相乗効果ものです。
今回は歌詞もメロディもギターソロもピアノも全てぶつけました。
泣きました。自分の曲で泣くのは久しぶりです。(最近作ってなかったからだけど)

 

・11月10日 戦闘開始

さーて、仕事は本気モードです。
第一陣の戦闘役を果たすのがこの私のチームになりました。
正直、死んできます(´・ω・`)
私のチームは平均年齢が高いチームです。
ベテランが何故か導入され私なら年上相手でもものを言うだろうと見られてますかね。
えぇ、年上だろうと敬語が消えつつある私です。
それだけに年上相手でも仲良くなれます。気難しい人じゃなければ。
私の処世術。年上の人に可愛がられてきた、社会で生きる上で身につけたものかもしれません。
おまけに汎用キャラにされてます。
専門的なチームじゃなく広く浅くにされてます。
私にとって今の仕事は畑違いです。
制御系なんてやったことありません。
メモリに直接値を入れたりとか初めてです。
開発者のような動きはそりゃとれません。
でも面白いのが言語を扱えてもネットワークやPCの知識がない技術者が多いことです。
その辺は私がちょこちょこ口出ししてます。
だからか汎用キャラにされました(´・ω・`)
いまや1チームのリーダーです。でも突撃隊になるとは思いませんでした。

さて、読売テレビの件。
間違い電話でもなさそうでした。
「たかじんのそこまで言って委員会」のスタッフから電話でした。
仕事13時間もしてるので電話には気づきません。
今度は留守電に残ってました。
折り返し電話する予定はありません。
まずは情報が欲しいです。
どんな番組?知ってる人本気でメールでも掲示板でもいいので連絡ください。
アンケート調査とかやってるんですかね?
たかじんが絡むならそういう系だと思いますが。

編曲作業は楽しいです。
つくりかけをUPしておきます。
聞いてみていいと思った人は楽しみにお待ちください。

SNOW LOVE beta

メロディをまだ入れてないのでカラオケVer.な感じです。
編曲作業は大変です。
今はベタうちです。
音量とかは最後まで打ち込み終わってから変化をつけていきます。
ドラムはまだリズムを取るだけでいれてます。後から大きく変化します。

 

・11月09日 SNOW LOVE

携帯に大阪の番号で一件、着信があった。
家に帰って検索してみると読売テレビからだった。
私、何かしたっけ?(´・ω・`)
とりあえず放置。どこからだろうと会社や知り合い以外は放置しておこう…。

さて、日記の方にも詞を載せておきます。
冬の夢プロジェクトラストの曲にするだけあって
恐ろしく編曲に取り掛かり中です。
2番のところまで編曲は済みました。

・SNOW LOVE

今年も終わりだねだと あなたが囁いた夜は
月も星も見えない 曇り空の世界

愛を数えて 夢を並べて
白い息に見えた 絆確かめて

降り積もったあの時の 約束を思い返した
二人でつけた足跡 同じ先を見てた

これから先も 同じ未来を
二人寄せ合いながら 歩むと誓った

今年も雪は降らず ロマンのかけらもないけれど
あなたの手の冷たさに 心の温もり感じた
雪が降る時までは 胸に言葉を抱きしめて
あなたと願った約束 叶うのはまだ先で

二人の時間がずれてく 以前のように出逢えず
心と心がほどけて 言葉も触れなくて

宙に舞った あなたへの言葉
抱きしめていたのに ため息と消えた

時間が与えたものは 時に残酷な便りで
愛も夢も揺らいだ 白い息は消えていく
それでも雪は降らず 祈り続けても叶わず
二人が選んだ道は 二度と交わらない

人の心は移り行く 不変の愛は幻想で
ただ雪を待っている 雪は未だ降らない

今年も雪は降らず 切ない心に風が吹く
月も星も見えない 曇り空になったのに
今年も雪が雨に 寒くない冬物語
あなたの手の温もりに 孤独な夜が舞い降りた
さよなら愛しき日々よ まるで雪が溶け行くように
あなたと歩いた道 溶けて足跡が消えた
雪は未だ降らなくて


良い曲になるのかわからない。
私は非常に気に入っている。
後は私の編曲レベルが問われるだけ。
この曲から作詞・作曲はしばらく控えて編曲作業。
中学3年からずっと作詞・作曲をしてきた。
色々歌ってきたんだなと思う。
これからも歌い上げて生きたいけど
もう私が歌う歌はない。
『SNOW LOVE』で冬の夢プロジェクトを締める。
『Ein Wintertraum』から20曲。20曲か。
『Ein Wintertraum』で夢から覚めるのが怖くて夢を見続けた男が
『SNOW LOVE』で現実を見つめるなんて。
冬の夢プロジェクトの開始は雪が降っていたのに。
今は雪が降らないなんて。
この儚さ、この脆さ、美しい。
メンヘラみたいなこと言ってるかもしれないけど
この流れが美しい。私の芸術家としての自尊心。

 

・11月05日 何が見える

また人が倒れていくので人が追加されました。
もう8人くらい倒れたんだけど。どうなってるんだろうね。
人が入ってくるのはいいけど一から教えないといけないのが辛い。
今度はベテランが追加されました。
以前このプロジェクトに関わったことがある人も追加されました。
もう必死です。関東からも呼び寄せて大部隊編成になりつつあります。
関西の人材がどんどん倒れて……るから…。
さて、ベテランには困ったものです。
私もまだまだ若輩者。
若干27歳の人間に40台のおじ様方が命令され使われる。
どちらもやりにくいものです。

さて、何故か私はお客様といつの間にか打ち合わせをしていて
品質改善や環境を整える係りになりました。
もちろん協力します。これ以上倒れられてたまるかっ。
あれ?
私10月までの話だったのになんで11月もここにいるんだろう(´・ω・`)

みんな勘違いしすぎ。私はできる人間じゃないよ。

帰り、JR環状線で人身事故が起こりました。
1時間もSTOPです。夜だから?
イメージでは15分くらいで肉片とか片付けるものだと思ってたのですけど。
迷惑な自殺だなぁとずっと思ってましたが
何故か今は共感すら覚えます。
倒れたメンバーでないことを祈りつつ歩いて帰りました。

詞、書けました。
冬の夢ラストプロジェクトの曲です。
ずっとずっと切ない曲を作り続けてきました。
私の根底には幸福ではなく不幸があるのかも。
色んな人に言われてきました。
「どうして自分の幸せを願わない?」
それは私にもよくわからない。
悲しみを背負うことが好きなようで、
自分の定位置は悲愴なのだろうなと。
さらに色んな人に言われます。
「ギャップがありすぎて驚く」
私の心の中は実に孤独感・悲壮感・虚無感が溢れているのです。
普段は笑顔で人に接し、ケラケラ笑い飛ばし
当たり障りなく、愛想が良いとして
色んな人が可愛がってくれました。
何事も楽観的で楽しそうに仕事して悩み事などなさそうでと…。
でも私の内面を知ろうとするとそのギャップにみな驚くのです。
私が描く絵はたった一人、周りは降り積もった銀世界に
ひらひら舞う雪を眺めて一生を終える男の背中しかありません。
そして今回の曲はそれをよく現せた曲だと思います。
『SNOW LOVE』11月06日にUPします。