Diary

2010年11月のムン日記

・11月28日 色々見て

久しぶりのこっちの日記です。
最近は漫画やらアニメやらをまた見るようになりました。
とりあえず見たものの感想とか。

・俺の妹がこんなに可愛いわけがない

大好きです(何
ラノベを読んでないので、原作どおりじゃないと嘆かれたりしてますが
アニメから入った分にはかなり良いと思いました。
なんていうか、兄貴に萌えろってことですよね(違
8話まで進んでいますがどれも5回以上は見直してます。
もうね、兄貴可愛いよ兄貴。
あれこれ書くと長くなるので好きな部分、笑った部分を。
1話。
親父の「死ね」(何
2話。
桐乃と黒猫が言い合ってるところを見る兄貴。
秋葉を見回ってるところの兄貴。
3話。
兄貴が桐乃のために親父にたてつくところ、「愛してるといってもいいね!」
4話。
黒猫と桐乃のやりとり。
5話。
「ここで俺っすかー!?」
シスカリプスで勝利して対戦できるようになった時の大喜びの兄貴。ここ可愛すぎ。
あやせに同人誌を見せてビンタされる前のどや顔。
6話。
なんかわからんけどすべてが穏やかで好み。
7話。
何かあったかなー?
8話。
ここが原作とえらい違うようで。
原作とアニメが同じように行くなんてことの難しさを
語っておきながらこの話そのものが原作と違うという。
でも原作者はシナリオライターか誰かわからないけど
8話のまとめ方が素晴らしいというくらいだし
原作を改変されてでも原作者は伝えたいことだったのかもしれない?
私は今のアニメの問題点を風刺してていいと思ったんだけど
それは原作を読んでないからそう思えるんだよねきっと。

・鋼の錬金術師 最終巻

泣きました。
アルが魂と引き換えに兄貴の腕を戻したところとか
親父の最後に親らしいことをの部分とか。
多分、ここ最近の漫画で素晴らしい出来だと思う。
Volumeはやっぱ30巻くらいで完結してくれるのがいいよね。
たくさん出てるワンピースとか後で集めようとか思ったら大変だもん。

・進撃の巨人

これやばい。
こういうかなり絶望チックな展開の話は大好きです。
ミカサ可愛いよ、美しいよ、強いよ。
人間らしさも出てて好み。
エレンの母親が瓦礫にはさまれ抜け出せず
巨人が襲ってくる場面。
兵士ハンネスに子供二人を託すところがちょっと泣ける。
母親は二人を連れて逃げてと願い、ハンネスも全員死ぬかもしれない賭けの3人を助けるより
確実に二人を助けるを選択したところで
母親はありがとうと言いつつも
あの家族での幸せな時間を思い出し
「行かないで」と叫んでしまいそうになるんです。
いや叫ぶんですがそれが聞こえない様に手で口を抑えて叫ぶんです。
あそこの母親の人間的な部分と母性的な部分が描けてて感心しました。
残虐性の描写。
これも素晴らしい、人間が虫けらですね。
食いちぎられ、腕をもがれ、下半身がなくなってたりとかの描写は好みです。
巨人も怖いのなんのって。素晴らしいですよ。

・ブラック★ロックシューター

OVAを見ました。
とても黒猫をやっている花澤さんとは違う面が見えました。
明るい花澤さん、すごく素敵です。
ブラックロックシューターになる部分とかはよくわからないのですが
仲睦まじい女の子の日常だけで私は何故か満足です。

私が好む漫画・アニメ・映画は
ひたすら残虐か・ひたすら日常か・ひたすら中二か・ひたすら不幸のどれかです。
中二病も世界観がはっきりその漫画だけに現れていたら良い物ですよ。



TWのバナーを作ってみた。
こういう編集方法とかも覚えていきたい。

ああ、12月になるんだ。
何か面倒だ(何