・Breeze






当たり前の幸せを何かと勘違いして
生きてきた時間を心から深く見てる
大切なものを見落として気付けなかった自分を
優しい秋風が今でも吹き続けている

いつかは 夢になって
あなたのところへと 駆けつけて行くよ
消せない過去の傷を 早く見つけて
癒してあげるから

あなたの風になりたくて そっと髪をなびかせてみたくて
小さな夢を今でもずっと抱えてる
覚えていたいあのときの場面を 忘れてしまった昔の恋を
小さな風に乗せてそして空を見て笑った
自分の記憶を辿りながら

疲れ果てた人生を毎日過ごしている
人々を見てると心から深く悲しむ
二人で歩んでいた道を今はもう別々になって
ささやかに描いた言葉さえ涙になる

愛しく 思えるほど
あなたの生き方は 色付いて見える
涼しい秋の奇跡 静かな至福を
味わい続けながら

愛は形を失うけれど 心にはいつも響いている
汚れた世界さえ光輝いたものとなる
愛しいあなたを見失ってから たくさんの時が流れたけれど
今もかすかに残ってる優しさを
生きてく力に変えていくよ

秋の景色に 何故か涙が出た
一緒に悲しむことを季節はしてくれた

あなたの風になりたくて そっと頬を撫でる恋がしたくて
祈るような毎日に寂しい心は募るけれど
覚えられないあのときの気持ちを 忘れられないあなたとの別れを
小さな風に乗せてそして空を見ながら去った
自分の記憶を辿りながら
自分の気持ちを探しながら