・Negative rain






悲しみの雨が降る 時を超えて
人の気持ちを無視して 雨は……

さわやかな日々が過ぎて 嫌な季節が来る
疲れさせるような天気 労わる気もしない
胸の奥にしまっていた かつての思い出も
すべてが水に流されて もう感じることもない

不快にさせるけれど 恵みと感じる場合もある
ただひたすらに降る雨は 何を思って心を濡らすのだろう

悲しみの雨が降る 止むことを知らず
急ぐものの邪魔をして 風を呼び寄せる

静けさを装いながら 近づいてくる気配
言葉を失うくらい 周りを包んでいく

晴れの日を惜しんで 外に出かける梅雨の時期
はしゃぐ気持ちを背に あとどれくらい待てばいいのか

記憶を忘れるくらい 深い霧に
周りを見渡すことさえ 許さないまま
あなたを見失ってから 何か欠けていく

もうこの世界には興味をもてない
明日からは何を考えて生きていくだろうか?

悲しみの雨が降る 時を超えて
人の気持ちを無視して 激しく降る
記憶に残さないまま 息を消していく
歩く道を遮って 何か欠けていく