・Pulverschnee






粉雪私を優しく包んで
心の罪一つ一つ消してく
Ah 手で受け止めた雪は切なくて

粉雪誰かの涙になるのなら
私の瞳潤わせて欲しい
過去の過ちを拭って欲しいから
汚れなく輝いた雪になりたくて

愛に生きる喜び忘れたわけじゃない
だけど夢に見た救いを受け入れた

粉雪私を許してくれないか
このまま罪に塗れるのは嫌だから
Ah 愛した人どうかなくさないで
新たな恋があなたに芽生えていて

粉雪愛した人を見守ってくれ
雪が降る街にいるのは確かだから
慰め含んだ言葉はいらない
今は雪が降ることを祈り続けてる
雪が悲しみを忘れさせてくれるのなら

粉雪誰かのために降るのなら
愛した人を優しく包んで