・Working summer






日毎飼いならされては 散る命
暑く暑く流れる 汗を拭い
生きるためだと 自分に言い聞かせ
愛しの夏を振り逃げる

夏の空よ夏の息よ 俺にかまわないで
夏の海よ夏の山よ 俺を誘わないで
汗ばんだ手に喉の渇きを 陽炎に酔いながら
遠くのビル 写り込んだ太陽

誰のためでもなく働く
追いかける夏を捨てて
夢も希望もなく働く
輝く人生(とき)を Working summer

夜中明けることのない 喜劇
光る道路 この先は見えない
やがて暑い時も過ぎて 行くだろう
愛しの夏は過ぎていく

長い髪を翻すLady 俺を惑わさないで
煌く時光る汗が 俺を寄せ付けないで
焼ける肌にトキメキもなく 無意識に働く手
疲れた背中 眠るためだけの家

誰のためでもなく働く
真夏の日差しを背に
夢も希望もなく働く
儚い人生(とき)を Working summer

誰のためでもなく働く
追いかける夏を捨てて
夢も希望もなく働く
輝く人生(とき)を Working summer

誰のためでもなく働く
真夏の日差しを背に
夢も希望もなく働く
輝く人生(とき)を Working summer